KYO to KYO

2022年5月20日(金)-5月30日(月)(水曜日は休廊)

11:30~19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

会場:7F 枝香庵Flat/8F 枝香庵/WEB

360°展覧会風景 >click

展示作品

短冊

¥13,200(税込)

雲間 1
岡野陽一

230x270mm
SOLD

作品詳細

島色-亀島-
岡野陽一

228x228mm
¥50,000(税込)

春口島色
岡野陽一

180x700mm
SOLD

作品詳細

うすあかり
岡野陽一

220x345mm
¥60,000(税込)

雲間 2
岡野陽一

400x400mm
¥100,000(税込)


岡野陽一

500x280mm
¥100,000(税込)

島日和-航跡-
岡野陽一

335x235mm
¥60,000(税込)

島色 2
岡野陽一

570x930mm
¥300,000(税込)

小禽小梅
木下千春

F4
SOLD

作品詳細

アマドコロ
木下千春

F4
¥200,000(税込)

月二戯レル
木下千春

F30
¥840,000(税込)

浮遊
木下千春

S0
SOLD

作品詳細

花風
後藤吉晃

S0
SOLD

作品詳細

月とハヤズエンドウ
後藤吉晃

SM
¥99,000(税込)

根から
後藤吉晃

F3
¥110,000(税込)

野と月
後藤吉晃

F6
¥143,000(税込)

月と土のはじまり
後藤吉晃

F10
¥220,000(税込)

春の海
田村葵

Φ333mm
¥176,300(税込)

月下の独酌 -杯に月と山水を招く-
田村葵

333x333mm
¥176,300(税込)


田村葵

333x333mm
¥176,300(税込)

shine
平野健太郎

73x91cm
¥680,000(税込)

sora
平野健太郎

62.5x30.5cm
¥330,000(税込)

リボン
平野健太郎

20x10cm
¥25,000(税込)

深層
藤原裕之

F4
¥198,000(税込)

群游
藤原裕之

P30
¥840,000(税込)

河豚づくし
藤原裕之

S15
¥540,000(税込)

左鮃右鰈
藤原裕之

F8
¥320,000(税込)

月夜
藤原裕之

F6
¥264,000(税込)


藤原裕之

F4
¥198,000(税込)

月下
水口和紀

30x30cm
¥209,000(税込)

水月
水口和紀

30x30cm
SOLD

作品詳細

月灯
水口和紀

M6
¥264,000(税込)

新月
水口和紀

M6
¥264,000(税込)

Santillana del Mar
水口和紀

6P
¥264,000(税込)

荷風
水口和紀

M10
¥385,000(税込)

梅の実(銀)
横山芳実

S0
¥121,000(税込)

梅の実(プラチナ)
横山芳実

S0
SOLD

作品詳細

HOME
横山芳実

P20
¥880,000(税込)

夢みるきつね
横山芳実

S0
¥121,000(税込)

仔羊
横山芳実

P3
¥132,000(税込)

果実 1
吉岡佐知

F10
¥440,000(税込)

こころ
吉岡佐知

F0
¥55,000(税込)

シンパシイ
吉岡佐知

F0
SOLD

作品詳細

果実 2
吉岡佐知

F6
¥264,000(税込)

枯野考 -境-
吉岡佐知

235x135mm
¥55,000(税込)

京都 × 東京

後藤吉晃田村葵藤原裕之横山芳実吉岡佐知岡野陽一木下千春平野健太郎水口和紀

 西の京(Kyo)京都、東の京(Kyo)東京。古くからそれぞれの文化・芸術を育んできた京(みやこ)です。京都で学んだ今日(Kyo)の作家と東京で学んだ今日(Kyo)の作家の展覧会です。

 京都と東京、互いに意識しあいながらも、交流の場はあまりありませんでした。Kyo to Kyo展で、発見する事、刺激になる事が必ずあり、今後の制作活動の糧になっていくはずです。観に来て頂いたお客様にも、今の京都と東京の作家の作品を観て、色々と感じとって、楽しんで頂きたいと思います。

 Kyo to Kyo展は、京都・東京の作家とお越しのお客様の今日の出会いを大切にする場にできたらと思っております。

横山 芳実 2022.5

Kyo to Kyo展は自分で決めた作品とお題作品を一人1点以上出品。

お題は佐藤美術館学芸部長立島惠氏に決めて頂きました。

お題:「月」

月が描かれた絵は古今東西数多ある。また月に纏わる神話や伝説も世界中にあり、日本ではかぐや姫の「竹取物語」。和歌や俳句などにも多く詠まれている。それから暦としての月も忘れてはならない。さてさて今回のお題を出品者は如何なる視点を以て提示してくるのだろうか。

佐藤美術館 学芸部長 立島 惠

岡野陽一

木下千春

平野健太郎

横山芳実

吉岡佐知