石井貞子展

エンピツによるモノクロームの世界

2022年6月14日(火)-6月25日(土)

11:30~19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

会場:7F 枝香庵Flat

1990年代、私はマック美術研究所の講師に招かれていた。そこは小規模ながら云わば既成の塾では無い鉛筆画材研究所で、センター長的役割をしていた。その研究所に、石井貞子さんがいた。当時彼女は油彩作品で発表していたが、鉛筆作品制作にシフト。鉛筆画材に特化した創意工夫を凝らした作品の中に、石井流表現の萌芽を当時から私は感じていたのである。

木下晋

石井貞子