カイガノチカラ

2021年2月19日(金)-2月28日(日)

11:30~18:00(日曜日、最終日は16:00まで)

会場:7F 枝香庵Flat/WEB

永遠と一瞬の間は緑色平澤重信F30¥1,430,000(税込)

緑黄色社会 -バードウォッチング-平澤重信F60¥1,980,000(税込)

生存領域平澤重信F6¥462,000(税込)

便りを下さい平澤重信F6¥462,000(税込)

時がかさなって海に溶ける平澤重信F100¥3,080,000(税込)

方舟のお願い平澤重信S3SOLD

何が何で何なのよ平澤重信S3SOLD

緑黄色社会 -きょり-平澤重信S3SOLD

ジユウガタ清野晃代F6¥66,000(税込)

而今清野晃代25号変形(79.5x32.2cm)¥277,500(税込)

而今清野晃代25号変形(79.5x32.2cm)¥277,500(税込)

凝視清野晃代F4¥44,000(税込)

清野晃代M8¥88,000(税込)

NEKOⅠ清野晃代F3¥33,000(税込)

遥かに望む清野晃代SM¥22,000(税込)

澪標清野晃代M20¥154,000(税込)

Stripe Wanders清水恵F60応相談

Printemps-モッコウバラ清水恵SMSOLD

Printemps-コデマリ清水恵M3SOLD

Printemps-モッコウバラ清水恵S5¥60,000(税込)

hide and seek清水恵F80応相談

confusion清水恵S30¥300,000(税込)

color compose清水恵変0¥40,000(税込)

color compose清水恵変0¥40,000(税込)

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

作品詳細

平澤重信清野晃代清水恵

「カイガノチカラ」展に寄せて

土方 明司 HIJIKATA Meiji

 絵画の力とは何だろう。
 絵画の起源を太古の洞窟壁画に求めるなら、その原初には「祈り」がある。自然災害、疫病、豊穣への祈り。目に見えぬ不可知なる存在への訴えがある。本来、美術は呪術に通じる、個の必死の営みであった。それは極めて精神的な営為である。他者に閉じられた場所で、秘儀として描かれる絵画。呪術と宗教の境界は諸説あるが、少なくとも宗教には集団性がつきまとう。絵画が宗教に奉仕した時代、絵画は他者に開かれたものとなった。それは宗教を離れた現代の美術にも引き継がれる。他者に開かれたものではあるが、画家は個の世界観を筆に託してきた。それは世界に働きかける祈りにも通じる。その個の祈り・思いが他者のこころを衝き動かす時、絵画は力を持つ。
 本展は、平澤重信さんと彼を慕う二人の若い友人の三人展である。タイトル、「カイガノチカラ」は平澤さんの発案だという。
 平澤さんは周知のごとく、独自の夢幻的な作品で知られる。過去・現在・未来を往還する感覚、遠近高低自在に駆ける視点、また現前する世界に対する漠然とした欠落感、寂寥感。平澤作品から揺曳するこれらの要素は、画家の孤独な詩魂を伝える。それは遠い記憶に眠る、不可視の領域への希求と交信から生まれる。その思いの深度が深いため、個のヴィジョンはある普遍性を持ち、見る者の心の奥深いところに訴える。
 清野晃代は、介護が必要となった祖母の姿を描いてきた。死に向かい衰えゆく祖母の日々を描いた作品は、どれも柔らかな光が偏在する。それは、生と死という発端と終末が本来等価であり、表裏を成すことを伝える。同時に、偏在する光は、生命が持つ力と普遍性を暗示し、静かで深い感動を見る者に伝える。
近年取り組んでいる墨絵では、動物が見せる生命力の強さを、瞬発力のある筆致で捉えている。的確な描写と、スピード感溢れる筆致が相乗し、融通にして自在な強さを見せる。
 清水恵は、最初、耳や鼻、気管支などの身体各部の螺旋構造を描き、最終的に布を題材に選んだ。布で有機的なフォルムを作り、そこに画家自身の内部イメージを投影する。布に引かれたストライプもまた、血管や海の波、あるいは心理的な陰影を投影する。その極めて印象的な有機的フォルムは絶えず律動し、生命の鼓動を伝える。布が織りなす波状、幾重もの渦は求心力と遠心力を生み、無限に続く生命の営みを暗示する。
 三者三様の画風で「カイガノチカラ」を伝える展覧会。見る者にさまざまな思いを伝えるに違いない。

平塚市美術館副館長
武蔵野美術大学客員教授

平澤 重信 HIRASAWA Jyushin
1948長崎市生まれ
1978自由美術協会会員
1985安井賞展(‘86,‘94年)
1992以降毎年個展を中心に発表を行う
2011はじめ展 ギャラリー枝香庵(以降毎年)
2012公募団体ベストセレクション2012
2016ギャラリー枝香庵にて個展(‘18,‘20年)
現在東京都府中市在住



清野 晃代 KIYONO Teruyo
1983横浜市生まれ
2008武蔵野美術大学 大学院 造形研究科美術専攻油絵コース修了 
2010銀座スルガ台画廊にて個展(‘11年)
2012あらかわ画廊にて個展(‘14年以降毎年)
2013-ギャラリー枝香庵にてグループ展参加、mooi展他
現在神奈川県川崎市在住



清水 恵   SHIMIZU Megumi
1981神奈川県茅ヶ崎市生まれ
2008武蔵野美術大学 大学院 造形研究科美術専攻油絵コース修了
2011銀座スルガ台画廊にて個展
2012櫟画廊にて個展
2013-ギャラリー枝香庵にてグループ展参加、mooi展他
現在東京都足立区在住



「カイガノチカラ」ギャラリートーク 2月22日(月)
土方明司氏(平塚市美術館副館長・武蔵野美術大学客員教授)&出展作家

清野晃代

清水恵

平澤重信