木下晋展

いのちを描く

2019年11月12日(火)-11月21日(木)

11:30~19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

会場:7F 枝香庵Flat/8F 枝香庵

願い木下晋2019鉛筆133.0x204.0cm

生命の営み木下晋2019鉛筆200x125cm

合掌図木下晋2013鉛筆203x128cm

CATS木下晋版画

お問合せ

お問合せ

お問合せ

ギャラリートーク 木下 晋 + ねじめ正一
 11月16日(土)17:00~18:30 参加費¥500(要電話予約)
 トーク終了後ささやかなパーティをいたします。

ねじめ正一(ねじめしょういち)
プロフィール
1948年東京都生まれ。詩人、作家。2019年8月まで阿佐谷パール商店街で「ねじめ民芸店」を営む。詩集『ふ』H氏賞受賞。詩のボクシング初代チャンピオン。『高円寺純情商店街』直木賞受賞。「荒地の恋」中央公論文芸賞受賞。『商人』船橋聖一賞受賞。『まいごのことり』ひろすけ童話賞受賞。著書に『長嶋少年』『むーさんの自転車』『認知症の母にキッスされ』ほか。

木下 晋 Susumu KINOSHITA
1947富山県に生まれる
196316歳 作品「起つ」を自由美術協会に出品、初入選を果たす。
196922歳 8月村松画廊での初個展で、評論家・瀧口修造と出会う。
197528歳 木下晋油絵展(現代画廊・東京 ’77 ’79 ’81’83 ’85)
198942歳 注連寺に籠り天井画本図を描き上げる。
199245歳 9月念願であったニューヨークでの個展が実現する。(キーンギャラリー)
199750歳 「木下晋 えんぴつの世界 1981-1997」(池田20世紀美術館・静岡)
199952歳 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻非常勤講師(造形基礎)となる。(~2008年)
200154歳 武蔵野美術大学造形学部油絵学科非常勤講師となる。
「スタンダート展」(直島コンテンポラリーアートミュージアム・香川)
200457歳 「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004」(森美術館・東京)
200962歳 金沢美術工芸大学大学院博士課程専任教授となる。
201164歳 3月に起こった東日本大震災の被害を目の当たりにし、新たに「合掌図」の制作を行う。
201265歳 「木下晋展 祈りの心」(平塚市美術館・神奈川 他2館巡回)
201568歳 教科書「高校3年・美術」(日本文教出版・三村図書刊)に制作風景と作品が掲載される。
201669歳 「エッケ・ホモ―現代の人間像を見よ―」(国立国際美術館・大阪)
201770歳 「リアルの行方」(平塚市美術館・神奈川 他4館巡回)
5月14日NHK日曜美術館・特集「リアルの行方」に出演
「ニッポンの写実 そっくりの魔力」(北海道函館美術館 他3館巡回)


現在パーキンソン病の妻をモデルにした作品の制作を続けている。


パブリックコレクション
国立国際美術館 福岡市美術館 神奈川県立美術館 富山県立美術館 石川県立美術館 新潟県立近代美術館 宮城県立美術館 平塚市美術館 沖縄県立美術館 他10数館

木下晋