木下晋展

表現の可能性

2017年5月30日(火)-6月8日(木)

11:30~19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

会場:7F 枝香庵Flat/8F 枝香庵

視線の光木下晋2015鉛筆、ケント紙133x204cm

ザンゲⅡ木下晋2015鉛筆、ケント紙35x20cm

追憶Ⅳ木下晋1998鉛筆、ケント紙103x73cm

告発木下晋2011鉛筆、ケント紙110x125cm

合掌図木下晋2013鉛筆、ケント紙230x128cm

カラスの想い木下晋2016鉛筆、ケント紙24.5x17cm

起つ人木下晋2017鉛筆、ケント紙190x125cm

沈黙木下晋2007鉛筆、ケント紙101x103cm

お問合せ

お問合せ

お問合せ

お問合せ

お問合せ

お問合せ

木下 晋 ギャラリートーク「松永伍一を語る」
 ゲスト(予定) : 田中 健(俳優) + 西舘好子(子守唄協会理事長)
6月4日(日)17:00~18:30 参加無料(要TEL予約・30名様)
 終了後ゲストを囲んでささやかなパーティをします。

松永伍一 <1930年-2008年> 詩人・評論家・作家
福岡県大木町出身。中学教師を経て、1955年に詩集を刊行、以降は文筆生活。
「日本農民詩史」全5巻で1970年毎日出版文化賞特別賞受賞。農民のほか、切支丹、落人など敗者、弱者への共感を抒情的に歌い上げる作風で知られる。子守唄研究の第一人者としても知られている。
木下晋とは、1997年池田20世紀美術館で開催された「木下晋 えんぴつの世界1981-1997」の図録に評論の執筆を依頼、「生の闇、あるいは光沢 ―木下晋の表現に触れて―」を寄稿、その後晩年まで親交が続いた。

木下 晋 Susumu KINOSHITA


1947年 富山県に生まれる。1969年 評論家・瀧口修造に出会い、洲之内徹らに認められ親交を結ぶ。瞽女・小林ハルや元ハンセン病患者の詩人・桜井哲夫など独自の鉛筆画で描き続けている。


1989注連寺の天井画本図を制作
1992個展(ニューヨーク・キーンギャラリー)
1997「木下晋 えんぴつの世界 1981-1997」(池田20世紀美術館・静岡)
2001「スタンダート展」(直島コンテンポラリーアートミュージアム・香川)
2004「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004」(森美術館・東京)
2010瀬戸内国際芸術祭(2010、2013年)
2012「木下晋展 祈りの心」(平塚市美術館・神奈川 他2館巡回)
2015教科書『高校3年・美術』(日本文教出版・三村図書刊)に制作風景と作品が掲載
2016「エッケ・ホモ―現代の人間像を見よ―」(国立国際美術館・大阪)
2017「リアルの行方」(平塚市美術館・神奈川 他4館巡回)
ヨコハマトリエンナーレ(横浜美術館)
NHK日曜美術館・特集「リアルの行方」に出演
2018中学校の道徳教科書『あすを生きる』(日本文教出版)に合掌図が掲載 
2019NHK ETV特集「日々、われの日々」-鉛筆画家 木下晋 妻を描く-に出演
『いのちを刻む 鉛筆画の鬼才、木下晋自伝』出版(藤原書店)


現在パーキンソン病の妻をモデルにした作品の制作を続けている。


パブリックコレクション
東京国立近代美術館 国立国際美術館 神奈川県立美術館 兵庫県立美術館 横浜美術館 富山県立美術館 石川県立美術館 新潟県立近代美術館 宮城県美術館 目黒区美術館 府中市美術館 福岡市美術館 平塚市美術館 沖縄県立美術館
他多数

木下晋