作品詳細:

四川省のカニ

木下晋


作品名:四川省のカニ
作家名:木下晋
制作年:2017
素材:紙・鉛筆
サイズ:22x24.5cm
価格:¥150,000(税込)

木下 晋 Susumu KINOSHITA


1947年 富山県に生まれる。1969年 評論家・瀧口修造に出会い、洲之内徹らに認められ親交を結ぶ。瞽女・小林ハルや元ハンセン病患者の詩人・桜井哲夫など独自の鉛筆画で描き続けている。


1989注連寺の天井画本図を制作
1992個展(ニューヨーク・キーンギャラリー)
1997「木下晋 えんぴつの世界 1981-1997」(池田20世紀美術館・静岡)
2001「スタンダート展」(直島コンテンポラリーアートミュージアム・香川)
2004「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004」(森美術館・東京)
2010瀬戸内国際芸術祭(2010、2013年)
2012「木下晋展 祈りの心」(平塚市美術館・神奈川 他2館巡回)
2015教科書『高校3年・美術』(日本文教出版・三村図書刊)に制作風景と作品が掲載
2016「エッケ・ホモ―現代の人間像を見よ―」(国立国際美術館・大阪)
2017「リアルの行方」(平塚市美術館・神奈川 他4館巡回)
ヨコハマトリエンナーレ(横浜美術館)
NHK日曜美術館・特集「リアルの行方」に出演
2018中学校の道徳教科書『あすを生きる』(日本文教出版)に合掌図が掲載 
2019NHK ETV特集「日々、われの日々」-鉛筆画家 木下晋 妻を描く-に出演
『いのちを刻む 鉛筆画の鬼才、木下晋自伝』出版(藤原書店)


現在パーキンソン病の妻をモデルにした作品の制作を続けている。


パブリックコレクション
東京国立近代美術館 国立国際美術館 神奈川県立美術館 兵庫県立美術館 横浜美術館 富山県立美術館 石川県立美術館 新潟県立近代美術館 宮城県美術館 目黒区美術館 府中市美術館 福岡市美術館 平塚市美術館 沖縄県立美術館
他多数

木下晋